トップ >> 葬儀のスタイルの変化

葬儀と火葬についての情報

家族葬は現代的な葬儀の形態です

最近は、家族葬で故人を送ることが目立ってきました。家族葬は、故人の家族と、そして、生前に本当に親しかった人が中心になって営まれる葬儀のことを意味しています。家族葬が増えてきた背景には、核家族化に伴って、近所づき合いが減ってきたこと、そして、高齢化によって、退職後、かなりの年月が経ってから亡くなられた場合などはかつて勤務していた会社とも疎遠になっているものです。また、親交のあった友人も先に亡くなっていることも多く、そのような理由で、葬儀として、家族葬が選ばれることが多くなってきたのです。

ゆっくりお別れできる家族葬

故人との最期のお別れの場となるお葬式。一般的なお葬式は一般葬とよばれ、故人と生前に付き合いのあった会社関係の人、友人、近所の人に参列してもらうスタイルをさします。一方、家族葬とは、身内や親戚、ごく親しい友人のみで、スタイルにとらわれずに行います。一般葬では葬儀の準備に追われたり弔問客を気にかけなくてはならなかったりと、慌ただしく過ぎてしまうのに対し、家族葬では、故人と向き合い、家族でゆっくりと最期のお別れができるのです。